xml version="1.0" encoding="UTF-8"?> 銀行のカードローンは金利が低い

銀行カードローン 低金利

銀行のカードローンは金利が低い

"今、銀行のカードローンが人気となっております。

 

その理由としてまずあげられるのは、金利が低いということ。お金を借りる際には、元金だけ返済すればいいというわけではありません。
それ以外にも、利息というものも支払わなければならないのです。
この利息の支払いが、返済には結構重荷となってきます。利息額を決定するのに決め手となるのが、金利なのですが、この金利が銀行のカードローンは低めに設定されています。
消費者金融のキャッシングなどでは、上限金利を18パーセントに設定しているところが多いです。
この上限金利というのは、あまり多額のお金を借りない人、そしてあまり多くの収入がない人に適用される金利のこと。
一方、銀行のカードローンの場合、上限金利は14パーセントに抑えている場合が多いのです。
あまり借りない人や収入の少ない人にとって、この上限金利の低さはありがたいものです。
100000円を借りっぱなしにすると、消費者金融では利息が18000円になりますが、銀行ならば14000円ですむのですから。"

 

 

低金利な銀行カードローン
モビット審査
即日融資キャッシング


ホーム RSS購読 サイトマップ
Sitemap